親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」

みんな知ってる紙袋が、あらら不思議キノコに変身! 何色のキノコにしよう?どんな模様? 大きなキノコが集まるとキノコの森ができてしまうね。 この日集まったキッズは5名! 大人も一緒に、いや、より一層(笑)集中してキノコ栽培やってました。 一個つくってみては、できばえを確認し、納得いかなければもう一個。もう一個。。。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 色を変えて、カタチを変えて、柄を変え、手法を変え、筆を変え、 どんどんアイデアがキノコの形で産まれていきます。 本当にキノコを栽培してるみたい。 キノコ菌は繁殖して、どんどん増えてゆきました。   親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」   普段あまり思いっきりやらない絵の具。 この感触が大人にとっても懐かしく新鮮だったり、 子供にとっては「手を突っ込みたくなる感動の感触」だったりするのですが、そこはまぁ抑えてもらって、作品、いやキノコづくりに集中★ そんな我が子の意外な面を発見して暖かく見つめたり、我が子から少し離れて親御さんの方がハマっていらっしゃりと、いろんな家族の微笑ましい姿がスタジオを包み込みました。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 2年前に作ったのを、しっかり覚えていたうちの長男も参加↑。 また違う感覚で楽しんでいたようです。 子供の発想力と集中力は、すごい! 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 意外と細かいところまで、イメージ通りに仕上げるために、玲子先生に沢山の質問が飛びます。 その質問に丁寧に答えながら、イメージを引き出しながら形にする手助けをさりげなくして、ものを自分で作る楽しさを教えてくれる姿勢は、この日もさすがでいらっしゃいました。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 出来上がったキノコのハッピー感、とっても心地よい空間になりました。 この日のキノコ達はこの後Fish Photoにしばらく飾られ、13(土)、14日(日)の二子玉川でのアートイベントでインスタレーションとして飾られます。 自分が作ったキノコはどこにあるかな?と、息子と一緒に探しに行くつもりです。 ★本番イベントはこちらです★ アンサンブル de アート 2015 東京五輪にむけ注目を浴びている「アールブリュット」(障がい者らが描くアート)。それをいち早く体験できるイベントが二子玉川で開催されます。 http://www.futacolab.jp/ensemble/ensemble_de_art_2015.html

コメントはこちらからどうぞ