選べなくて困っちゃう

こんにちは! 冬季オリンピックの中では、ショートトラック5000メートルリレーが一番面白いと思った井上です。いろんな競技があるんですねー。 リレーというとタスキとかバトンのイメージですが、この場合は”お尻を押す”というのがそれに当たります。 実に面白い(笑)。 しかも、次にバトンタッチするタイミングに決まりがないというゆるさが駆け引きとなり勝負が決まったりするようで、まるで洗濯機の中で洗濯物がぐるぐる回る様子をずっと覗いているような面白さがありました。 みなさんはどの種目が心に残りましたか?   さてさて、今回は「面白い」をキーワードにお伝えしたいなと思っています。 先日、等身大撮影をさせていただきましたご家族のお話です。 パパさんもママさんも撮影の時から思う存分楽しまれていて、笑っていても泣いていても「はぁ〜〜〜かわいい」とため息が出るほどでした。 そのため息、わかります^^どんな表情も我が子の愛おしい瞬間なんですよね。 等身大撮影は大体100枚ぐらい撮るのですが、その中からいきなり1枚を選ぶのは難しいので段階に分けて絞っていきます。 1〜2段階目では直感で、3〜4段階目ではどっちにしようかと迷っていただき、最終的に5回に分けて等身大の1枚を決めます。 「最初は直感でいいなと思ったら印つけてくださいね〜」とご案内すると、「全部に印がついちゃいます。絞れているんでしょうか(笑)」と返ってきました。 Fishではあるあるなお言葉です(笑) 最終段階に迫ってくると、悶絶されていました。 ママさんが「どうしよう、決まらないわ〜〜〜!!お父さん決めて」と、バトンをパパさんに渡しました。 「じゃ、こっちがいいんじゃない?」とパパさんが言ったその瞬間!! ママさんが「一生に一枚の写真なんだから軽く決めないでよ!」と一言。 その会話にスタッフ一同爆笑してしまいました。 ありがたいお言葉です。 この会話を録音して残しておきたいw そんなことを思いながら等身大の一枚を選び切りました。 選んだ後の達成感は爽快でした! 帰り際に「写真を選ぶ作業がこんなに楽しくて面白いなんて初めてです。貴重な経験でした」とお話ししてくださり、撮影させていただいた私も幸せ気分でいっぱいになりました。 これからどんな道を進み、どんな大人になるんだろう。 可能性でいっぱいの未来を想像してニマニマする井上でした。 ありがとうございました! 次のお誕生日が来たら、また遊びに来てくださいね〜!

コメントはこちらからどうぞ

初めまして!

こんにちは。
フォトグラファーの井上亜紀子です。
 
すっかり秋めいてきましたね。
秋になると、もう1年も終わりに近づいている?!と急に時間の流れの速さを感じてしまいます。
 
時間の早さを感じるといえば、子どもたちの成長。写真を通して、こんなこともあんなこともできるのかと、目を細めて撮影しています(笑)
  たくさんの人にフィッシュの良さを伝えたくて、スタッフブログに登場させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。   ということで、今日は勝手に自己紹介をさせていただきます!    
出身は石川県金沢市。上京して10年が経ちました。
我が家は行動が予測不能な3息子と、子にはつい甘くなってしまうパパとの5人家族です。私自身、子どもを産んでから写真にはまりカメラマンへと転身しました。
 
フィッシュでカメラマンをしたいと思ったのは、スタジオのコンセプトに痺れたからです。
 
フィッシュは等身大ベビーフォトの元祖です。スタジオで撮影された方はご存知かと思いますが、赤ちゃんの原寸を正確に出すために赤ちゃんのスケールを計ります。
 
私がどこに惚れたのかと言いますと、この「等身大」をとてつもなく大切にしていることなんです。
 
これは、単に大きさを正確に出すということだけではないんです!!!
むしろ、それは結果的にそうなったと言っても過言ではなく。。
 
何を言いたいかと言いますと、その子そのものを撮っているんです。笑った顔も、泣いた顔も、怒った顔も、緊張している顔も、真顔も、ぜーーーーーーーーーーんぶ含めて愛おしい。それを写真におさめています。
 
「どの写真も愛おしいね。」そんな会話がフィッシュでは日々交わされています。私はここに惚れたんです。
 
フィッシュフォトのカメラマンは、みんな子育て真っ最中の親です。撮影の時間、お写真選びの時間は、子育ての話で盛り上がります。スタジオなのか、児童館なのかわからなくなるぐらい(笑)
 
私の場合は末っ子が5歳になり、赤ちゃん子育て時代からどんどん離れていく寂しさでいっぱいで、撮影に来てくれる赤ちゃんに会うたびに平常心を忘れ「なんて可愛いんだ」とメロメロになっています。   親ばか万歳!一緒に我が子を愛でましょう。

コメントはこちらからどうぞ