1 / 212

ニッポンの将来!?

こんにちは。

包丁がうまく研げず、砥石のせいにして新しい砥石を次から次に買い、それでもうまく研げず、
「精神が歪んでいるからだ」と精神論に走ったけどやっぱり切れ味が悪く落ち込んでいる本田です。

先日、毎年スタジオに来てくれてるEちゃんの七五三の撮影で松陰神社に出張撮影に行って来ました。

ご存知(?)吉田松陰のお墓があるところです。

吉田松陰の愚直な生き方に惹かれ、いつか墓参りに行きたいな、
と思っていたので早めに行ってお墓まいりしました。
こじんまりしたいい空気の流れる神社の中を進み、本殿の手前から小道にそれ進むとありました。
松陰のお墓。
勝手にさぞ立派なお墓だろうと想像したのですが、拍子抜けするくらい小さなお墓でした。
でも、お参りを済ませ、しみじみと見つめると、
その小さなお墓が日本の未来を見つめまっすぐに走った青年に
ふさわしいお墓に思えました。決してきらびやかではないけど、
だからこそ、本質が見えた気がしました。

さて、松陰のお墓を後に神社内をロケハン。そうこうしていると今日の主役のEちゃん登場。

駐車場から歩いてくるEちゃんはあどけなさが残りながらも凛として、しっかり少女してました!

毎年スタジオで撮影してますが毎回、最初は照れてパパママの後ろに隠れるEちゃんがこんなに綺麗になって。。。と
涙ぐみながらカメラを向けるとEちゃんはやっぱりママの後ろに!
パパママ、私で口お揃えて「今年もかいー!!」

おみくじをひいて、ご祈祷して、飴をなめたり、参拝にいらしたマダムに声かけられたり。
すごく濃密な時間でした。曇天のもと、すごくいい空気が流れました。
写真集のオーダーをいただきました。とってもいい写真集ができると思います!
Eちゃん、おめでとうございます!!


さてさて、写真は松陰先生の前で飴を頬張るEちゃん。
きっと松陰先生、「自由でよろしい!」って喜んでるだろうな。
この感じ、すっごくいいですよね。これこれ!これだよ!自然体が一番いいんだよ。
神妙気取りでお墓に手を合わせてた自分が恥ずかしかったですよ。。
Eちゃん、来年はどんな一日を撮らせていただけることやら。楽しみです!

コメントはこちらからどうぞ

愛娘さーちゃん(5歳)の見てるもの

こんにちは。最近「もりそば」以外の「鴨南蛮」とかも許せるようになってきたカメラマン本田犬友です。
年とともに受け入れられる事が多くなるのはいい事ですかね。。。
さて、最近、確信を持った事。
ウチの5歳の愛娘、さーちゃんの話。
幼稚園児のくせに兄の通う小学校のTくんってヤローのことが好きで、
兄についてバスケの練習とかに行ったりして「Tくんきょうもいた。」とか嬉しそうで、
「どこがいいの?」って聞くと「やさしいから」とか言ってて、で、本当にTくんてのが私から見てもやさしい奴で。。。
「好きって言うの?」って聞いたら「まだゆわない」だって。。

まあ、とにかく、ウチのさーちゃんはTくんが好き。(つい最近までKくんが好きだった。父はついていけません)
で、体育館の前でTくんを撮った写真があったので「さーちゃん、Tくんの写真あげる」と渡すと、
なんとさーちゃん、写真をジョキジョキ切って、Tくんだけ切り抜きました。
「えっ!せっかくの写真切っちゃうの!?」って思ったけど、
そうだよね。さーちゃんにとってはTくんの写真が欲しいわけで背景はいらないんだよね。

Fishのスタジオではグレーとか白とか黒のなんの変哲も無い背景で撮ります。
撮りたいのはそこにいる人、な訳なので余計な装飾は入れたくなかったからです。
5歳の少女のハサミを動かす真剣な目つきに当たり前のことを改めて確信いたしました。
花瓶に模様はいらない、って事です。ポートレイトに装飾はいらない、って事ですね。

ところで、切り抜いたTくんは次の日には床に落ちてましたよ、さーちゃん。

コメントはこちらからどうぞ

父の日の父と子の手の大きさ

hhnd to hand こんにちは。父の日が近づいてきましたね! 本気で息子と遊んで筋肉痛な本田です。 父の日のイベントで特別作品「hand to hand」を撮りました! 普段はのけ者にされてる(ウチだけか??)父と赤ちゃんの手のひらを重ねて撮り それを原寸大の作品にしてお渡しする作品です。 パパの手も赤ちゃんの手も等身大になり小さな額に収まります。 パパと赤ちゃんだけでなく、 パパが一番した、3才のお兄ちゃんが二番目、その上に小さな赤ちゃんの手を重ねて男三人撮ったり、 なかなかパパの上に手を置いてくれず落ち込むパパがいたり、楽しい撮影でした! あるパパがつぶやいた一言が印象的でした。 「この小さな手が俺と同じくらいになるのか、、、」 確かに、こんなチビ助があっと言う間に父や母の背丈を越して、一人の人間として歩み、やがては親になるかもしれないなんて。 ウチのチビは5才ですが、この五年、あっという間でした。これを後3回繰り返したら二十歳になるのかと思うと 一日一日はゆっくり進んでいるようで、でも二十年なんてあっと言う間なのかもと思います。 変な言い方ですが、可能な限りゆっくり時間が流れて欲しいな。 二十年後にこの手を重ねた写真を見たら泣けてくるだろうな。 そん時ゃーウイスキーでも飲みながら見たいもんだゼィ! 「今」をしっかり残すと未来が見えるし、やがてそれは過去を見る事になるんだな。 写真の力はきっと無限に広がるんだろうな、そんな思いに駆られた父の日でした。

コメントはこちらからどうぞ

いい椅子いいな。

Fish Photo スタジオ こんにちは。 なぜかここ数日、 毎朝2才の娘に「おはよう」を完無視される本田です。(何かしたのかな?)   FishPhotoでは色々な形の椅子が皆様をお出迎え。 ※オフロスキーとか出てるののパクリじゃないですよ。   高価な椅子はありませんが、 個性豊かな椅子がそろってます。(FishPhotoのスタッフのよう!)   ポートレート撮影のときは好きな椅子を選んで下さいね。 椅子は増える事はあっても減る事はなかなかありません。 毎年、おんなじ椅子で家族写真、なんてのも粋じゃないですか。   小さな男の子が毎年同じ椅子で写真を撮る。 思春期になると、カメラの正面に立つのが嫌になり撮らなくなる。 椅子の事なんか忘れてその子は成長する。ある日、パパになったその男の子が思い出す、 「そういえば子供の頃、毎年同じ椅子で写真撮ったな」と。 無性にその写真が見たくなり、実家に帰り、写真を何十年ぶりかで見る。 我が子ともその椅子で撮りたいと思いFishPhotoを訪れる。 そこには、古くなったけど皆の手で味が出たその椅子と、 年とったけど腕はより磨かれた我々スタッフがその子の新しい家族を迎える。。。   そんな日を夢見ながら、 日々小さなお客さまにカメラを向けています。   もうすぐ6才になる長男が生まれたあの日から、 世界中の子供たちの親になったようです。 これからも、 子供たちの未来のためにシャッターをきっていきます。   •••まずはFishPhotoがその日まで続いていけるように日々前進ですね。

コメントはこちらからどうぞ

ライフはアートか!?

等身大ベビーフォト和紙プリント a0007-682x1024 こんにちは。 二才の娘に面と向かって「ぱぱ、きらい」と言われショックな本田です。   “Life is art”は FishPhotoが立ち上げ時から毎年、お客様にお送りする年賀状に使っている言葉です。 撮影に訪れるお客さん、撮影する我々、 それぞれの人生がそれぞれにすばらしいアートであるという思いからです。 むき身の命と向き合うことで、 カッコつけではごまかせない、本質を捉える事が、ようやく、少しずつできるようになってきたように感じます。 命の塊に教えられる日々です。   人生の初めてのポートレート、等身大フォトもゴッホの絵やガウディの建築と同等にすばらしいアート作品だと思います。(•••大げさかな。いやいや、そんな事ないでしょ。)   そんな等身大フォトは何回かアート作品として展示会をしてきました。 で、今回、新たに作った作品がこちら。 なんと生後5日の赤ちゃんから365日の赤ちゃんまでが並ぶ作品。 スタジオの壁に貼りましたが、これで半分の長さ。 和紙にプリントしているのでとっても柔らかな風合い!いや、自画自賛! まさに、LifeはArtだと実感させられます。   ぜひ、スタジオにお越しの際はまじまじとご覧下さい。 (本当に等身大なの??と疑り深い、もとい、探究心旺盛な方のために実際の哺乳瓶とプリントの哺乳瓶が!こちらもサイズを合わせてみてね)   あ、あと、この大作を展示させて頂けるスペース募集中です~!  

コメントはこちらからどうぞ

1 / 212