子どもにもカメラを。

こんにちは。

一番苦手な家事は料理です。でも、燻製と日本酒作りは好きです。で、お馴染みのフォトグラファーの菊池です。

そんな菊池の愛娘(ヒサキ)にも、クリスマスにはサンタさんがやってきました。プレゼントは、子ども用カメラ!
落としても、水に入れても大丈夫。丈夫で操作の簡単なコンパクトデジカメです。
娘は大喜び!!外出時にはいつもカメラを持っていきます。

ある日曜日。
私がお仕事から帰ってくると、
娘が自分で撮った写真を見せながら、
パパと過ごした一日のことを話してくれました。

しばし、娘の「とある一日」にお付き合いください。
※以下、全て娘のヒサーキー(アラーキー風のイントネーションでお願いします)が撮影した写真です。


はじめて見た霜柱。
ストラップが入り込んでいるのがご愛嬌。


「冷たかったよ。」とヒサーキー。


大好きなねこじゃらし。


お花も大好き。


「魚を見つけたよ!」


私にプレゼントとして持って帰ってきてくれた落ち葉。
見つけた時にパシャり。


「パパとひーちゃんだよ。影、長いね。」
二人の帰り道。


「こんなところにゴミがあったんだよ!ダメだよねぇ。」とヒサーキー。


いとこのお姉ちゃんが塗ってくれたペディキュアが、いつの間にかはげてしまった足。

お付き合いいただきありがとうございました。ヒサーキーの一日はいかがだったでしょうか?

シャッターを押すのは、
心が動いた時、だと思います。

「かわいいな。」「綺麗だな。」「素敵だな。」「びっくりした。」「寂しい。」etc...

娘の心が動いた瞬間が、写真というカタチに残っていて、母はじーんとしたのでした。

日常に感動を。感動をカタチに。
改めて写真って素敵だなと思った菊池なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です