我が家の宝物

こんにちは。 フォトグラファーの菊池です。 今日は我が家の宝物を紹介いたします。   じゃじゃーん。     「やっぱりね!」なんて声が聞こえました。 正解です。   娘の等身大フォトです。     玄関を入ってすぐの廊下に飾ってあります。 この写真は、娘が1歳を少し過ぎた頃に、私が撮ったものです。     今日は、この写真について、少し語らせてください。   この写真を撮った頃は、私はフォトグラファーに復帰して、娘は保育園に通い始めたばかりでした。   そういうこともあってか、いつもより不安定だった娘は、撮影中は泣きに泣いて、もう大変でした。   フィッシュに来て3年目ですが、「ベストオブ泣いたで賞」の座は未だに娘が君臨しています。       結果的には、笑顔の写真も撮れましたが、涙をこらえて私を信頼してくれているようなこの表情がなんとも言えず私の心にぐっときて、決めました。       写真を撮ってから2年が経ちます。 今でもこの写真に向き合うと、あの日を強烈に思い出させてくれます。     保育園に送って行くとき。 仕事に行くとき。 帰って来たとき。   時を止めた等身大の娘が、私にいつも語りかけてきてくれます。 そして、横にいる、成長し続ける等身大の娘を見て、愛しい気持ちを感じるのです。     忙しく流れて通り過ぎる毎日ですが、 等身大フォトと向き合う一時は、 大切な何かに感謝させてくれます。       フィッシュフォトで生まれた等身大フォトは2017年9月現在で2,000件近くになります。 2000人の時を止めた赤ちゃんが、 今日も日本、そして世界のどこかで、ご家族に語りかけています。     私たちは、ご家族の宝物を撮らせていただいているんだなぁと幸せな気持ちです。 今日も素敵な出会いがある気がしています。

コメントはこちらからどうぞ

ママの身体に嬉しい一杯

梅雨真っ只中、今日は東京は本当に蒸し暑い一日です。 Fish Photoは今日も沢山のベビーをお迎えしております。 ママ、パパ、もちろんベビーも汗いっぱい! 夏バテ対策、食欲増進、いろいろと早めに手をうちたいところですね。 Fish Photoでは、せたがや縁側カフェの玄米甘酒「楽らく玄米」を撮影後にお出しして、ママに大好評頂いています。 せたがや縁側カフェ 玄米甘酒 江戸時代から栄養ドリンクとして人気の甘酒。玄米甘酒はノンアルコール・ノンシュガーで、お子様からご年配の方まで、色々な方にお楽しみいただける飲み物です。米こうじで作った甘酒は天然のアミノ酸、GABA、ビタミンB1、ビタミンEなど、様々な栄養が豊富に含まれていることから「飲む点滴」と呼ばれています。 その他に「ジャパニーズヨーグルト」「総合ビタミンサプリメント」「酵素の宝庫」とも呼ばれているそうですよ! そのまま飲んだりお料理やお菓子に使ったり手軽に豊富な栄養を摂取できるので、赤ちゃんの水筒にちょっと入れて甘みを出し、熱中症対策にもいいと、ママの間でも支持が高いそうですよ。 「飲む点滴」と言われる玄米甘酒、授乳中のママ、もちろん疲れやすい妊婦さんにも!Fish Photoにいらっしゃる方にピッタリだと、以前から気になっていたアイテムですが、せたがや縁側カフェさんのご好意もあり、やっとお出しする事ができました。 これから撮影にいらっしゃる方も、是非ご賞味くださいね!

コメントはこちらからどうぞ

双子ちゃんの等身大ベビーフォト

今日は等身大ベビーフォトの撮影に来てくださったお客様のご紹介です。 今回ご紹介するのは、元気いっぱいの双子の赤ちゃん。 おててと足をたくさん動かしてたまらなく可愛い笑顔とポーズを見せてくれました。   双子写真 等身大ベビーフォト   この作品は、通常よりも大きなB1サイズで制作しています。 額装の大きさもさることながら、二人の姿が神秘的でとても素敵! まるで東大寺の金剛力士像のような、強く荘厳な美しさに、 カメラマンもスタッフも見入ってしまいました。   双子ちゃんの撮影は、一人が笑うともう一人も笑ったり、一人が寝るともう一人もすぐ寝たり‥(笑) 動作のシンクロが不思議で、とても面白いのです! お腹にいた時からずっと一緒ですから、息もピッタリなのでしょうね~。   ご自宅に届いた額装の写真をママさんが送ってくださり、 嬉しいご感想もいただきました。感激です!ありがとうございます。 この大きな作品には、パパとママの深い愛と二人の生命の息吹がつめこまれていますね。 これからも健やかな成長を祈っております。  

コメントはこちらからどうぞ

おがたりこさんがFish Photoに来てくれました!

先日、アーティストおがたりこさんがFish Photoに来てくれました。

なんと、スタジオの壁一面に絵を描いてくださることになり

Fish Photo一同、この日をとても楽しみにしていました!

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

りこさんは、ダウン症のアーティストとして活躍されていて

ポップでピースフルな作風は見る人の心を元気にしてくれます。

笑顔の人気キャラクターはるくま君は、皆さんもご覧になったことがあるかもしれませんね!

さて早速‥描き下ろしスタート!「筆入れの儀」

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

ギャラリーに見守られながら、りこさんの筆は走り‥

真っ白な壁一面に、次々とはるくま君が出現!!

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

一旦、読売新聞の取材を受け、その後もりこさんは黙々と描き続けました。

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

ここで1日目の制作修了。

○○○○○○○○○○○○

そして制作2日目。緊張の糸が張りつめる中、はるくま君が一気にカラフルに!スタジオ内に歓声があがりました。

12039651_893414324081004_6279215852075497797_n

幸せの黄色い壁にいっぱい描かれたはるくま君、圧巻です。

完成をお見せしたいところなのですが‥お披露目はもう少々お待ちください!お楽しみに‥。

  プロフィール■尾形理子(おがたりこ) 1994年東京都世田谷区生まれ。幼少から絵を描き始め 2007年よりアーティスト活動を開始する。 個展グループ展などへの出展は30回以上にのぼる。 「ロバミュージアム2012」しりあがり寿さん個人賞受賞、 「ロバミュージアム2013」KIKIさん個人賞受賞、 産経ニュース掲載、テレビ東京出演、読売新聞掲載など、 開花したその才能は活躍の場を広げている。 https://www.facebook.com/m.ogata.keitai

コメントはこちらからどうぞ

親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」

みんな知ってる紙袋が、あらら不思議キノコに変身! 何色のキノコにしよう?どんな模様? 大きなキノコが集まるとキノコの森ができてしまうね。 この日集まったキッズは5名! 大人も一緒に、いや、より一層(笑)集中してキノコ栽培やってました。 一個つくってみては、できばえを確認し、納得いかなければもう一個。もう一個。。。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 色を変えて、カタチを変えて、柄を変え、手法を変え、筆を変え、 どんどんアイデアがキノコの形で産まれていきます。 本当にキノコを栽培してるみたい。 キノコ菌は繁殖して、どんどん増えてゆきました。   親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」   普段あまり思いっきりやらない絵の具。 この感触が大人にとっても懐かしく新鮮だったり、 子供にとっては「手を突っ込みたくなる感動の感触」だったりするのですが、そこはまぁ抑えてもらって、作品、いやキノコづくりに集中★ そんな我が子の意外な面を発見して暖かく見つめたり、我が子から少し離れて親御さんの方がハマっていらっしゃりと、いろんな家族の微笑ましい姿がスタジオを包み込みました。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 2年前に作ったのを、しっかり覚えていたうちの長男も参加↑。 また違う感覚で楽しんでいたようです。 子供の発想力と集中力は、すごい! 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 意外と細かいところまで、イメージ通りに仕上げるために、玲子先生に沢山の質問が飛びます。 その質問に丁寧に答えながら、イメージを引き出しながら形にする手助けをさりげなくして、ものを自分で作る楽しさを教えてくれる姿勢は、この日もさすがでいらっしゃいました。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 出来上がったキノコのハッピー感、とっても心地よい空間になりました。 この日のキノコ達はこの後Fish Photoにしばらく飾られ、13(土)、14日(日)の二子玉川でのアートイベントでインスタレーションとして飾られます。 自分が作ったキノコはどこにあるかな?と、息子と一緒に探しに行くつもりです。 ★本番イベントはこちらです★ アンサンブル de アート 2015 東京五輪にむけ注目を浴びている「アールブリュット」(障がい者らが描くアート)。それをいち早く体験できるイベントが二子玉川で開催されます。 http://www.futacolab.jp/ensemble/ensemble_de_art_2015.html

コメントはこちらからどうぞ