3 / 1012345...10...最後 »

おがたりこさんがFish Photoに来てくれました!

先日、アーティストおがたりこさんがFish Photoに来てくれました。

なんと、スタジオの壁一面に絵を描いてくださることになり

Fish Photo一同、この日をとても楽しみにしていました!

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

りこさんは、ダウン症のアーティストとして活躍されていて

ポップでピースフルな作風は見る人の心を元気にしてくれます。

笑顔の人気キャラクターはるくま君は、皆さんもご覧になったことがあるかもしれませんね!

さて早速‥描き下ろしスタート!「筆入れの儀」

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

ギャラリーに見守られながら、りこさんの筆は走り‥

真っ白な壁一面に、次々とはるくま君が出現!!

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

一旦、読売新聞の取材を受け、その後もりこさんは黙々と描き続けました。

おがたりこちゃんがFish Photoの壁にはるくまくんを描いてくれました

ここで1日目の制作修了。

○○○○○○○○○○○○

そして制作2日目。緊張の糸が張りつめる中、はるくま君が一気にカラフルに!スタジオ内に歓声があがりました。

12039651_893414324081004_6279215852075497797_n

幸せの黄色い壁にいっぱい描かれたはるくま君、圧巻です。

完成をお見せしたいところなのですが‥お披露目はもう少々お待ちください!お楽しみに‥。

  プロフィール■尾形理子(おがたりこ) 1994年東京都世田谷区生まれ。幼少から絵を描き始め 2007年よりアーティスト活動を開始する。 個展グループ展などへの出展は30回以上にのぼる。 「ロバミュージアム2012」しりあがり寿さん個人賞受賞、 「ロバミュージアム2013」KIKIさん個人賞受賞、 産経ニュース掲載、テレビ東京出演、読売新聞掲載など、 開花したその才能は活躍の場を広げている。 https://www.facebook.com/m.ogata.keitai

コメントはこちらからどうぞ

親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」

みんな知ってる紙袋が、あらら不思議キノコに変身! 何色のキノコにしよう?どんな模様? 大きなキノコが集まるとキノコの森ができてしまうね。 この日集まったキッズは5名! 大人も一緒に、いや、より一層(笑)集中してキノコ栽培やってました。 一個つくってみては、できばえを確認し、納得いかなければもう一個。もう一個。。。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 色を変えて、カタチを変えて、柄を変え、手法を変え、筆を変え、 どんどんアイデアがキノコの形で産まれていきます。 本当にキノコを栽培してるみたい。 キノコ菌は繁殖して、どんどん増えてゆきました。   親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」   普段あまり思いっきりやらない絵の具。 この感触が大人にとっても懐かしく新鮮だったり、 子供にとっては「手を突っ込みたくなる感動の感触」だったりするのですが、そこはまぁ抑えてもらって、作品、いやキノコづくりに集中★ そんな我が子の意外な面を発見して暖かく見つめたり、我が子から少し離れて親御さんの方がハマっていらっしゃりと、いろんな家族の微笑ましい姿がスタジオを包み込みました。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 2年前に作ったのを、しっかり覚えていたうちの長男も参加↑。 また違う感覚で楽しんでいたようです。 子供の発想力と集中力は、すごい! 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 意外と細かいところまで、イメージ通りに仕上げるために、玲子先生に沢山の質問が飛びます。 その質問に丁寧に答えながら、イメージを引き出しながら形にする手助けをさりげなくして、ものを自分で作る楽しさを教えてくれる姿勢は、この日もさすがでいらっしゃいました。 親子で楽しむワークショップ「紙袋で作るキノコ栽培」 出来上がったキノコのハッピー感、とっても心地よい空間になりました。 この日のキノコ達はこの後Fish Photoにしばらく飾られ、13(土)、14日(日)の二子玉川でのアートイベントでインスタレーションとして飾られます。 自分が作ったキノコはどこにあるかな?と、息子と一緒に探しに行くつもりです。 ★本番イベントはこちらです★ アンサンブル de アート 2015 東京五輪にむけ注目を浴びている「アールブリュット」(障がい者らが描くアート)。それをいち早く体験できるイベントが二子玉川で開催されます。 http://www.futacolab.jp/ensemble/ensemble_de_art_2015.html

コメントはこちらからどうぞ

「てのひらアート」親子ワークショップの様子

Fish Photo世田谷スタジオでは、親子で楽しめる様々なワークショップを開催しております♪ その中でも大人気の「てのひらアート」、画家の福岡季実子さんによるオリジナルワークショップ。前回開催の様子をご報告致します^^ IMG_8156 満員御礼10組の親子にご参加いただきました! 「てのひらアート」とは… お子様の成長の証である「てのひら」をキャンバスになぞり、 自由に色や模様をのせ、思い出の一枚となる作品を親子で一緒に描きます。 まず福岡さんから「てのひらアート」が出来上がったストーリーをお話いただき、そして、簡単な説明。 IMG_8152 作業に入っていきます♪ てのひらをシールにかたどって、はさみでチョキチョキ。 IMG_8154IMG_8160IMG_8161IMG_8162IMG_8164 キャンバスにシールを貼って、キャンバスに色をぬっていきます♪ IMG_8171IMG_8170IMG_8186IMG_8190IMG_8197IMG_8192IMG_8199IMG_8207 ここまで色をぬったら、しばらく乾かします。 その間はティータイム♪ ドリンクと福岡さん手作りのクッキーで和やかに。 IMG_8206 ペイントが乾いたら、シールを剥がしていきます。 IMG_8208IMG_8210 剥がしたシールももったいない!ということで、キャンバスの裏に貼ってます♪ IMG_8213 シールを剥がしたら、仕上げ、クレヨンや色鉛筆など使って自由にお絵描き♪ IMG_8220IMG_8224IMG_8228IMG_8236IMG_8243 ママ達が夢中になります^^ IMG_8249IMG_8250IMG_8165IMG_8261 思い思いの絵を描いて、できあがり♪ IMG_8257IMG_8267 ご参加ありがとうございました!!! ☆参加されたお客様の声☆ 「雰囲気がよく、安心して参加できました。子供にストレスをかけることなく作業できたのも良かった。いい思い出を形に残せ、とても嬉しいです。」 「お絵描きが好きなことを再認識できる良い機会でした。今後も成長の過程を楽しみながら続けられたら良いと思います。」 「先生のやさしい雰囲気がすごしやすく、心地よかったです。」 「子供が作れるし、成長の記録も残せるので本当に参加出来てよかったです。ありがとうございました。大きくなったら等身大ベビーフォトと、てのひらアートと一緒に写真を撮りたいです。」

コメントはこちらからどうぞ

2ヶ月と6ヶ月で撮影

ma カメラマンの小坂です。   今日はM君の紹介をさせていただきます。   広島から来ていただいたM君とママ、「はなまるマーケット」を見てFish Photoの「等身大ベビーフォト」を知っていただいたそうで、 今までのお客様の中で一番遠方です。なんと、飛行機で来て頂いています。 他にも用事があっていらっしゃっているのですが、本当にありがたく、嬉しく、身が引き締まります!   M君、最初の出会いは2ヶ月の時、写真左です。 そして、その4ヶ月後、「ハーフバースデーの記念に」と6ヶ月のM君を連れて再びスタジオまで来てくださいました。 身体が大きくなっているのはもちろん、表情、動きも活発に驚きの成長でした。 撮影は、まるでカメラマンの私にサービスをしてくれている!?かのようなご機嫌でした。 写真右が6ヶ月を迎えたM君です。成長がすごい!!   2ヶ月のM君の「等身大ベビーフォト =to Baby」はもう納品していましたので、感想を伺ってみました。 そうすると、嬉しいエピソードを聞かせてくれました。 2ヶ月のM君の「等身大ベビーフォト =to Baby」は実家に飾ってあるそうで、おじいちゃんがとても気に入っていらっしゃると。 そのおじいちゃん、写真をみてはMが僕に微笑みかけている、と言い、目を真っ赤にして感動していらっしゃるそうです。一度ならず、何度も…。 人生の先輩であるおじいちゃん世代にも喜んで感動してもらえることは、私たちはとても嬉しいです。 何度もウルウルしているおじいちゃんに家族は苦笑い、らしいですが^^ 無駄な物は一切排除した黒背景、そこに唯一写っているのは新しい命。 シンプルだからこそ、赤ちゃんのエネルギーが際立ち、観るものを惹き付ける写真。 おじいちゃん、6ヶ月のM君の「等身大ベビーフォト」をみて、何を感じてくださっているのでしょうか。 また記念日に来てくださるそうなので、うかがってみたいと思います。   2ヶ月のM君 ma2-01r 6ヶ月のM君 ma6-01r   0歳児の4ヶ月間の驚異の進化!を再認識。 これからもスクスク、元気に成長されますように。  

等身大ベビーフォト「 = to Baby®」についてはこちらです。 http://fishphoto.jp/whats_equaltobaby/

等身大ベビーフォトプラン 35,000円〜 プラン詳細はこちらです。 http://fishphoto.jp/plan_price/babystudio/

コメントはこちらからどうぞ

心を込めて、一刀一刀。

こんにちは、Fish PhotoのDesign担当、笹屋まいこです。 4歳、1歳の息子がおりますが、現在第三子を妊娠中。現在、7ヶ月となりました。 今日は、離乳食スプーンづくりの講座を受けました。 2年ほど前に知り合ってからは、そのお人柄と想いに共感し、公私ともにお世話になっている「ひとねる」の佐藤さんの授業、以前からとてもやりたかった講座です。 木を削り出し、形を整え、時間をかけて物づくりに取り組むことで、それを使うであろうまだ見ぬ我が子への想いと向き合う、充実した時間となりました。 便利なプラスチック製のスプーン、100均に並ぶ手軽なスプーン、色々あるなかで、時間をかけて自らの手で作り出したスプーンで、母の味を教えてあげられるのは、もう想像しただけでもワクワクします。(ワクワクが分かるのか、お腹の子もポコポコ暴れてました♡) まずは荒削りから、大まかな形を整える所で今日の講座は一旦終了、あとはゆっくりと作り上げる宿題となりました。でもここからが面白そう★ こんなに優雅な時間は、私自身久しぶりに持つことが出来ました。 このスプーンが完成したら、次は息子達のスプーンも作ってあげたいな、と想います。 そして、こんな足元の幸せを感じられる家庭に、そのスプーンを作っているママの姿やパパの姿、スプーンを使っている子供達、沢山の素敵な写真を一枚でも多く残してあげられたら嬉しいな…と妄想しながら作業しました。そんな写真が沢山飾られたお家で育った子供達は、きっと自分が愛されてることに自信を持って成長してくれることでしょう。 実は私、家庭たいけん教育で育ち合う「ひとねる」さんの認定講師でもあります。一番身近な家庭の中から学ぶこと、感じることは沢山あって、そしてこれからの未来につながって行く…そんなエッセンスの一つ、「離乳食スプーンづくり講座」を、私もFish Photoのスタジオで近々開催する予定です! 家庭たいけん教育で育ち合う「ひとねる」 http://hitoneru.com

初めはこの形状からスタートです。

初めはこの形状からスタートです。

こちらは職人さん仕上げのサンプル品

こちらは職人さん仕上げのサンプル品

スタートしてから約30分後くらい。

スタートしてから約30分後くらい。

こちらはスタートしてから2時間くらいたった所です

こちらはスタートしてから2時間くらいたった所です

コメントはこちらからどうぞ

3 / 1012345...10...最後 »