写真のチカラ 〜生後5日目の赤ちゃん〜

等身大ベビーフォト 生後5日目の赤ちゃん カメラマンの小坂です。   先日、産まれて5日の赤ちゃんが「等身大ベビーフォト」の撮影に、スタジオに来てくれました。   ママの両手におさまってしまうくらいの大きさでした!!久しぶりに新生児を見るとその小ささに驚きながら、ただただその可愛さでスタジオはとびきりの幸せな空気に包まれました。   生後5日。つまり、5日と少し前はまだママのお腹にいた赤ちゃん。   撮影を終え、私は初めて出産した時のことを思い出しました。   娘が産まれて大きな感動と喜びに包まれた産後。でも自分のへこんだお腹をみて涙がこぼれたことがありました。お腹にいた子がお腹にいない…、と寂しくて。でも、そのお腹にいた子が目の前にいて、手で触れることができて、ギュッとすることができる。”やっと会えた”と、今度は嬉しくてワクワクしました。   へその緒がとれた時、私は泣いてしまいました。お腹の中で自分と娘をつないでいたもの、それがとれてしまったことがまた寂しくて。でも、それが意味しているのは娘が日々確実に成長している、ということで嬉しくもあり…。   あぁきっとこの娘が成長していくと、この感情の繰り返しなんだと思いました。   今、長女は4歳。私と会話をして、一人でなんでもできてしまう。あの頃私の人差し指を握っていた小さな小さな手は、今では妹に布団をかけてあげています。   そう言っている私も母から産まれてきて、母の優しい手に守られて今を生きている。私の娘達も日々確実に成長している。命が繋がっている。   今回仕上げる作品「等身大ベビーフォト」には、ママと繋がっていたへその緒も、優しい大きなママの手も精密に実際と同じ大きさでのこります。 これが彼女の生命の原点。裸ん坊で、この大きさで、産まれてきた。   写真を見るたびに、ママはこの時の感情、ぬくもり、痛みを生々しく思い出し、また彼女も成長にしたがって様々な事を感じていくかもしれません。   一枚の写真からうまれる各々の感情… さらに”原寸大”であることで、どれだけのストーリーがうまれていくのか。 何十年か経ち、「等身大ベビーフォト」を前に成長した子と母親で会話をしている風景を思い浮かべ、写真のチカラってやっぱりすごい、と感じる今日この頃です。    

等身大ベビーフォト「 = to Baby®」についてはこちらです。 http://fishphoto.jp/whats_equaltobaby/

等身大ベビーフォトプラン 35,000円〜 プラン詳細はこちらです。 http://fishphoto.jp/plan_price/babystudio/

コメントはこちらからどうぞ

いい椅子いいな。

Fish Photo スタジオ こんにちは。 なぜかここ数日、 毎朝2才の娘に「おはよう」を完無視される本田です。(何かしたのかな?)   FishPhotoでは色々な形の椅子が皆様をお出迎え。 ※オフロスキーとか出てるののパクリじゃないですよ。   高価な椅子はありませんが、 個性豊かな椅子がそろってます。(FishPhotoのスタッフのよう!)   ポートレート撮影のときは好きな椅子を選んで下さいね。 椅子は増える事はあっても減る事はなかなかありません。 毎年、おんなじ椅子で家族写真、なんてのも粋じゃないですか。   小さな男の子が毎年同じ椅子で写真を撮る。 思春期になると、カメラの正面に立つのが嫌になり撮らなくなる。 椅子の事なんか忘れてその子は成長する。ある日、パパになったその男の子が思い出す、 「そういえば子供の頃、毎年同じ椅子で写真撮ったな」と。 無性にその写真が見たくなり、実家に帰り、写真を何十年ぶりかで見る。 我が子ともその椅子で撮りたいと思いFishPhotoを訪れる。 そこには、古くなったけど皆の手で味が出たその椅子と、 年とったけど腕はより磨かれた我々スタッフがその子の新しい家族を迎える。。。   そんな日を夢見ながら、 日々小さなお客さまにカメラを向けています。   もうすぐ6才になる長男が生まれたあの日から、 世界中の子供たちの親になったようです。 これからも、 子供たちの未来のためにシャッターをきっていきます。   •••まずはFishPhotoがその日まで続いていけるように日々前進ですね。

コメントはこちらからどうぞ

ライフはアートか!?

等身大ベビーフォト和紙プリント a0007-682x1024 こんにちは。 二才の娘に面と向かって「ぱぱ、きらい」と言われショックな本田です。   “Life is art”は FishPhotoが立ち上げ時から毎年、お客様にお送りする年賀状に使っている言葉です。 撮影に訪れるお客さん、撮影する我々、 それぞれの人生がそれぞれにすばらしいアートであるという思いからです。 むき身の命と向き合うことで、 カッコつけではごまかせない、本質を捉える事が、ようやく、少しずつできるようになってきたように感じます。 命の塊に教えられる日々です。   人生の初めてのポートレート、等身大フォトもゴッホの絵やガウディの建築と同等にすばらしいアート作品だと思います。(•••大げさかな。いやいや、そんな事ないでしょ。)   そんな等身大フォトは何回かアート作品として展示会をしてきました。 で、今回、新たに作った作品がこちら。 なんと生後5日の赤ちゃんから365日の赤ちゃんまでが並ぶ作品。 スタジオの壁に貼りましたが、これで半分の長さ。 和紙にプリントしているのでとっても柔らかな風合い!いや、自画自賛! まさに、LifeはArtだと実感させられます。   ぜひ、スタジオにお越しの際はまじまじとご覧下さい。 (本当に等身大なの??と疑り深い、もとい、探究心旺盛な方のために実際の哺乳瓶とプリントの哺乳瓶が!こちらもサイズを合わせてみてね)   あ、あと、この大作を展示させて頂けるスペース募集中です~!  

コメントはこちらからどうぞ

無いものは作る。自分で作る。

Fish Photo Diary こんにちは。本田です。 桜新町の新スタジオオープンに向け、今日もスタッフ総出でセッティング。 インテリアやグリーン、雑貨を求め東へ西へ。 出来ることは自分たちでした方が愛着がわく、と壁塗りや看板作りに四苦八苦です。 しかも今日は強力な助っ人がいます。いや、強力な邪魔者だったか。。。 昨日の壁塗りの写真を見たウチの愚息(5才)が「やりたい~!」と言って聞かず、 保育園を休んで参戦です。 無いものは作る。自分で作る。 これはFish立ち上げの理念の一つですし、 そのまま我が家の教育理念(俺だけかな?)でもあります! ですが、、、仕事になんねえな。 は~。連れてくるんじゃなかったー。 なんで子供はすぐはしゃいで走ってぶつけて泣くんだろ。。。 しかもペンキの付いた手で。 まあ、失敗した所は子供のせいにしよっと。 お客さんはもちろん、自分たちが心地いい空間を作ろうと思います。ぜひ、遊びにきてくださいね~! 明日はいよいよオープン日!

コメントはこちらからどうぞ

まるプロジェクト@日比谷公園Peace On Earth

3月8日9日、日比谷公園でのPeace On Earth 311東日本大震災市民の集いにて、FishPhotoの「まるプロジェクト」出展しました。

大震災から3年。黙祷とともにこれからいかに前向きに考え、行動していくかを心に刻みたく思います。 三度目のまるプロジェクトは111組の皆様にご参加頂けました。 「まる」描きにきたよ、と毎年参加していただいている方がいたり。 FishPhotoの撮影でご縁がある方に来ていただいたり。 「まる」プロジェクトで繋がっていっています。 キャンバスが出来上がっていく様子をアップしました。 募金の集計はまた後ほどHPにてご報告させていただきます。募金先はいつもと同じ「東日本大震災みやぎこども育英募金」です。 たくさんの「まる」ありがとうございました!!! http://fishphoto.jp
まるプロジェクト2014
まるプロジェクト2014
まるプロジェクト2014
まるプロジェクト2014

コメントはこちらからどうぞ

東京都世田谷区深沢7-9-8-A
〒158-0081 
Google Map
TEL.03-3702-7190

  • Instagram
  • Facebook