愛娘さーちゃん(5歳)の見てるもの

こんにちは。最近「もりそば」以外の「鴨南蛮」とかも許せるようになってきたカメラマン本田犬友です。
年とともに受け入れられる事が多くなるのはいい事ですかね。。。
さて、最近、確信を持った事。
ウチの5歳の愛娘、さーちゃんの話。
幼稚園児のくせに兄の通う小学校のTくんってヤローのことが好きで、
兄についてバスケの練習とかに行ったりして「Tくんきょうもいた。」とか嬉しそうで、
「どこがいいの?」って聞くと「やさしいから」とか言ってて、で、本当にTくんてのが私から見てもやさしい奴で。。。
「好きって言うの?」って聞いたら「まだゆわない」だって。。

まあ、とにかく、ウチのさーちゃんはTくんが好き。(つい最近までKくんが好きだった。父はついていけません)
で、体育館の前でTくんを撮った写真があったので「さーちゃん、Tくんの写真あげる」と渡すと、
なんとさーちゃん、写真をジョキジョキ切って、Tくんだけ切り抜きました。
「えっ!せっかくの写真切っちゃうの!?」って思ったけど、
そうだよね。さーちゃんにとってはTくんの写真が欲しいわけで背景はいらないんだよね。

Fishのスタジオではグレーとか白とか黒のなんの変哲も無い背景で撮ります。
撮りたいのはそこにいる人、な訳なので余計な装飾は入れたくなかったからです。
5歳の少女のハサミを動かす真剣な目つきに当たり前のことを改めて確信いたしました。
花瓶に模様はいらない、って事です。ポートレイトに装飾はいらない、って事ですね。

ところで、切り抜いたTくんは次の日には床に落ちてましたよ、さーちゃん。

コメントはこちらからどうぞ

愛着の増すものに囲まれて暮らすこと

久々のブログ投函となります。八百山です。 皆さんが、撮影日を心待ちにして、等身大ベビーフォトを撮りに来てくださるこのスタジオで、同じ立場の親として親御さんとお話しできる少しの時間が、私の中の楽しみでもあります。 みなさんのエピソードを聞いていると、それぞれの家族にしかわからない、仕草だったり、表情だったり、思入れのアイテムがあったりして、家族っていいもんだなーと改めて感じるのです。 私にとっても、このスタジオは第二のお家みたいなものです。 そして、思入れのアイテムを、そっと散りばめるのも一つの趣味かも。笑 みなさんが撮りに来ていただいている等身大ベビーフォトのコンセプトは、とても明快です。 生まれたままの飾らない姿を撮る。 もちろん、その子にとっても似合うブルマをお選びいただいて持ち込まれるママも、流石!なのですが、こちらでお貸出ししているブルマは、とてもシンプルなものを用意しています。 ブルマを揃える際、いくつかインターネットで検索して、シンプルそうなものを購入しましたが、なかなか私が思ったようなものには出会えませんでした。 人と同じものでは、納得できないたちなんですね。。。 やっぱり、自分で作ってみることにしました。 初めは、型紙も色々と試し、数種類作ってみたのですが、生地の質感もきちんと写真にうつりこんでいくのがわかっていたので、次は生地選びに。 そして一番気に入った生地に出会うことができました。 自然栽培綿・手つむぎ糸使用した手つむぎ生地です。 サイズも色々と取揃え、0〜3ヶ月の赤ちゃん用のブルマが最新作ですが、こちらももちろんこの手つむぎ生地にしました。 スタジオには、生地の質感や色が少しずつ違うものが色々と置いてありますが、手作りのものが紛れ込んでいますので、どれかなーって見てみてください。(細かい縫い目などはご了承を!笑) ブルマに限らず、スタジオには、私の手作りのものがちらほら。 プライベートでも、雨の日は子供と一緒に工作を楽しんだり、作れそうなものはできるだけ手作りをするようにしています。 それは多分、自分自身が創ることが好きなことと、使っているとますます愛着の増すものというのは、やはり手作りしたものが多いからです。 子育てと仕事の両立で、本当に時間がないのが現実ですが、これからも少しずつ、愛着の増す手作りアイテム、家にもスタジオにも増やしていきたいなぁと思っています。

コメントはこちらからどうぞ

心を込めて、一刀一刀。

こんにちは、Fish PhotoのDesign担当、笹屋まいこです。 4歳、1歳の息子がおりますが、現在第三子を妊娠中。現在、7ヶ月となりました。 今日は、離乳食スプーンづくりの講座を受けました。 2年ほど前に知り合ってからは、そのお人柄と想いに共感し、公私ともにお世話になっている「ひとねる」の佐藤さんの授業、以前からとてもやりたかった講座です。 木を削り出し、形を整え、時間をかけて物づくりに取り組むことで、それを使うであろうまだ見ぬ我が子への想いと向き合う、充実した時間となりました。 便利なプラスチック製のスプーン、100均に並ぶ手軽なスプーン、色々あるなかで、時間をかけて自らの手で作り出したスプーンで、母の味を教えてあげられるのは、もう想像しただけでもワクワクします。(ワクワクが分かるのか、お腹の子もポコポコ暴れてました♡) まずは荒削りから、大まかな形を整える所で今日の講座は一旦終了、あとはゆっくりと作り上げる宿題となりました。でもここからが面白そう★ こんなに優雅な時間は、私自身久しぶりに持つことが出来ました。 このスプーンが完成したら、次は息子達のスプーンも作ってあげたいな、と想います。 そして、こんな足元の幸せを感じられる家庭に、そのスプーンを作っているママの姿やパパの姿、スプーンを使っている子供達、沢山の素敵な写真を一枚でも多く残してあげられたら嬉しいな…と妄想しながら作業しました。そんな写真が沢山飾られたお家で育った子供達は、きっと自分が愛されてることに自信を持って成長してくれることでしょう。 実は私、家庭たいけん教育で育ち合う「ひとねる」さんの認定講師でもあります。一番身近な家庭の中から学ぶこと、感じることは沢山あって、そしてこれからの未来につながって行く…そんなエッセンスの一つ、「離乳食スプーンづくり講座」を、私もFish Photoのスタジオで近々開催する予定です! 家庭たいけん教育で育ち合う「ひとねる」 http://hitoneru.com

初めはこの形状からスタートです。

初めはこの形状からスタートです。

こちらは職人さん仕上げのサンプル品

こちらは職人さん仕上げのサンプル品

スタートしてから約30分後くらい。

スタートしてから約30分後くらい。

こちらはスタートしてから2時間くらいたった所です

こちらはスタートしてから2時間くらいたった所です

コメントはこちらからどうぞ

パパママからの直筆お手紙を添えて、特別展示中

伊勢丹新宿店本館6階にて等身大ベビーフォト特別展示が始まりました。 場所は授乳室コーナー脇の壁面です。 先日ご紹介した、パパママからの感動的な直筆お手紙を添えて展示してあります。みんな、とっても豊かな個性光る、一瞬を切り撮った見応えある作品に仕上がっています。 ・・・このブログだけで、ご紹介する感動秘話〜裏話〜 パパママからのお手紙は、撮影会が終わった後、数日経ってからFish Photoから出たアイデアでした。 「写真だけでももちろん素敵な作品に仕上がったけれども、伊勢丹新宿店さんで展示する時には、ご両親からの想いをお手紙にして添えて展示したら、もっと感動的なのでは?!」 もちろん、撮影会が終わった後なので、おてがみプロジェクトの趣旨に賛同いただき、お手紙を書いて返送して頂くという協力をお願いしないといけません。 忙しいパパママにとっては、あとは納品を待つだけ・・・という状況の中、またお手間を取らせてしまうのでは、面倒がられてしまうのでは、という思いもありました。 ですが、展示を了解いただいた18名のパパママは、みなさん、快く引き受けてくださったのです。 そして、迎えた特別展示。予想以上の反響に、とても驚いています。 パパママからのお手紙の原本は、それぞれの作品のフレーム裏側に忍ばせてお届けしております。 大きくなって一緒にまた開いて読んでもらっても・・・ 想いを密かに忍ばせたままでも・・・ 今の想いも一緒に入れることで、このポートレイトがよりかけがえのないものになると考えています。 展示はこの後13日に、新しい9人のベビーの写真とお手紙へ入れ替えとなります。26日火曜日まで展示しておりますので、是非お近くにお立ち寄りの際は、お越し下さいませ。

コメントはこちらからどうぞ