愛着の増すものに囲まれて暮らすこと

久々のブログ投函となります。八百山です。

皆さんが、撮影日を心待ちにして、等身大ベビーフォトを撮りに来てくださるこのスタジオで、同じ立場の親として親御さんとお話しできる少しの時間が、私の中の楽しみでもあります。
みなさんのエピソードを聞いていると、それぞれの家族にしかわからない、仕草だったり、表情だったり、思入れのアイテムがあったりして、家族っていいもんだなーと改めて感じるのです。

私にとっても、このスタジオは第二のお家みたいなものです。
そして、思入れのアイテムを、そっと散りばめるのも一つの趣味かも。笑

みなさんが撮りに来ていただいている等身大ベビーフォトのコンセプトは、とても明快です。
生まれたままの飾らない姿を撮る。

もちろん、その子にとっても似合うブルマをお選びいただいて持ち込まれるママも、流石!なのですが、こちらでお貸出ししているブルマは、とてもシンプルなものを用意しています。
ブルマを揃える際、いくつかインターネットで検索して、シンプルそうなものを購入しましたが、なかなか私が思ったようなものには出会えませんでした。

人と同じものでは、納得できないたちなんですね。。。
やっぱり、自分で作ってみることにしました。

初めは、型紙も色々と試し、数種類作ってみたのですが、生地の質感もきちんと写真にうつりこんでいくのがわかっていたので、次は生地選びに。
そして一番気に入った生地に出会うことができました。
自然栽培綿・手つむぎ糸使用した手つむぎ生地です。

サイズも色々と取揃え、0〜3ヶ月の赤ちゃん用のブルマが最新作ですが、こちらももちろんこの手つむぎ生地にしました。

スタジオには、生地の質感や色が少しずつ違うものが色々と置いてありますが、手作りのものが紛れ込んでいますので、どれかなーって見てみてください。(細かい縫い目などはご了承を!笑)

ブルマに限らず、スタジオには、私の手作りのものがちらほら。
プライベートでも、雨の日は子供と一緒に工作を楽しんだり、作れそうなものはできるだけ手作りをするようにしています。
それは多分、自分自身が創ることが好きなことと、使っているとますます愛着の増すものというのは、やはり手作りしたものが多いからです。
子育てと仕事の両立で、本当に時間がないのが現実ですが、これからも少しずつ、愛着の増す手作りアイテム、家にもスタジオにも増やしていきたいなぁと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です